現場で「情報モラル教育」 – 毎日新聞より

課題に挑む:兵庫県立大環境人間学部・竹内研究室 現場で「情報モラル教育」 – 毎日新聞.

課題に挑む:兵庫県立大環境人間学部・竹内研究室 現場で「情報モラル教育」 - 毎日新聞

大学生が高校生にスマホのリスクについて教える。

「小中高校生は生まれたときからインターネットの環境がある「デジタルネーティブ」世代~器用にサービスを使うものの、利便性の裏に潜む危険を学ぶ機会がなく、リスクに対する意識が薄い~情報モラル教育が必要だが、非デジタルネーティブ世代の学校の教諭はネットの事情に疎く、利便性を無視して全面的な規制に走りがち」

世代の近いデジタルネーティブが下の世代にスマホのリスクについて実例を交えて指導をする機会をつくる。スマホの危険性については学校や親が利用の実態に乏しく、適切な指導をできない状況があります。

スマホを使いこなしている学生が高校生に指導をするというのは適切なやり方だと思います。

問題はそうしたチャンスをどうやってつくっていくのか?

 

大学や学生の力量が試されている状況という一面もあります。

 

広告

yukifujino について

大分市で会社員をしています。ネットウォッチが趣味です。
カテゴリー: 参考資料 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中