「モノを情報として気軽に流通することができる時代」の到来。

あらゆるモノが情報(3Dデータ)となる時代。3DデータのYouTubeを目指すVolumental | Social Design News【ソーシャル・デザイン 公式サイト】.

3D時代のYouTubeを目指すサービスが出現、身の回りの目に付くモノを片端から3Dスキャンして、データをネットで共有していくものだそうです。

こうした時代にあわせて、これまでの時代とはまた異なる新しい肖像権や意匠権、著作権を利用者の立場からも真剣に考えていかなければなりません。

広告

yukifujino について

大分市で会社員をしています。ネットウォッチが趣味です。
カテゴリー: 関連記事紹介, 講義資料 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中