Google検索サジェスト機能で名誉毀損認める 東京地裁初判断、差し止め命令

[shashin type=”photo” id=”33″ size=”large” columns=”max” order=”user” position=”center”]

Google検索サジェスト機能で名誉毀損認める 東京地裁初判断、差し止め命令

Googleの検索では、検索する単語にあわせてよく検索される関連キーワードが表示されますが、「サジェスト機能」といわれます。
自分の名前を検索する際に、このサジェスト機能の単語に悪いイメージを持つ単語が上位に表示されることで、その変更を求めて裁判を起こした人が勝訴しました。

Googleとしては、単によく一緒にもちいられる単語を入力支援をするために表示させているだけなのですけれど、たまたま同姓同名の人が犯罪記事に掲載されたりすると、こうした状況に陥ることがあります。

さて、Googleとしてはこの判決でどのような対応をするのか注目ですけれど、私はとりあえず控訴をして時間稼ぎをするのではないかと予想をしています。Googleの機能の根幹に関わるものですし、世界共通に提供されている機能ですので、日本の地裁レベルの判断でこの機能を削除してしまうとは考えにくいです、これからの動きに注目をするとともに、自分や自分の会社が同様な目に遭った際に、どのような対策が可能なのか、誰もが考えなければならない現実的な問題だと思います。

 

広告

yukifujino について

大分市で会社員をしています。ネットウォッチが趣味です。
カテゴリー: 関連記事紹介, 講義資料 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中